kazari
title

古銭や切手をより高く売るためには

価値がある切手には、発行枚数が少ない古切手やエラー切手など、希少性が高いものがありますが、中でも未使用のものほど高値が付くようになっています。切手は裏面に糊がついているため、保管の際に変色やシミが出やすくなるので、未使用であっても極端に価値が下がってしまう場合があります。自宅で保管をする際には湿気などに気をつける必要があります。 また、価値が出るものには古銭もあります。こちらも同様に発行数が少ない年数のものやエラーコインなどが高値が付きやすくなります。ただ発行枚数が少ない古銭であっても、ある程度は出回っているので、未使用美品のほうが価値が出やすくなります。また、未使用であっても記念コインなどはあまり高値が付くことは少ないようです。古銭のエラーコインに関しては希少性が高いため、まれに100万ほどの高値が付くものも存在します。 買取を検討する場合は同じものであっても、業者によっても評価がかなり違ってくるので、複数の業者を比較してみるのもおすすめです。